必見!20代女性が引っ越しに失敗をしない簡単な方法

この記事を書いた人
(ペンネーム)
あんこちゃん
 

プロフィール

30代主婦です。20代の時に引っ越し作業をしたことがあり、知識のなさから失敗をした苦い経験があります。それを踏まえて20代女性が引っ越し作業を成功させる方法を紹介していきます。

これから引越しをしたいと考えている20代女性のあなた。
引越しに失敗したくないとお考えではありませんか?

実は私も20代の時に引っ越しをしたことがあります。
しかし、当時は引越しに関しての知識が浅く、失敗をしてしまった苦い経験があるのです。
そこで今回は、私の体験を生かして、引越しを成功させる方法を紹介していきます。
ぜひ、これを読んでスムーズかつお得に引っ越しをしましょう。

引越し業者を比較する

引越しを行う上で重要なのが引越し業者を決めることですよね。

しかし、全国に多数の引越し業者がいるので一体どのような業者に決めればいいのか迷ってしまいます。
引越し業者は料金やサービスがそれぞれに異なります。

適当に決めてしまったら料金を高く払うことになるかもしれませんよ。
業者を選ぶ時にはぜひ、複数を比較してみることをおすすめします。

引っ越し業者の一括見積もりサイトを利用すれば一気に複数の業者の料金を比較できますよ。
引っ越しをスムーズに行うのなら業者選びも効率的に行いましょう。

私が20代の時には、複数を比較することをせずに、ネットで探した大手の業者に決めてしまいました。
大手だから安心だという単純な思いで決めたので、料金はお得ではありませんでした。

あの時複数の業者を比較して慎重に選んでいればもっと料金を安く抑えられたのではないかと思っています。
この記事を読んでいるあなたはぜひ、損をしないように引越し業者を選んでくださいね。

早めに荷造りをする

引越しで私が一番失敗したと思うのは荷造りです。

当時一人暮らしだったので部屋は狭く、荷物も少なめでした。
それゆえ、荷造りなんてすぐに終わるだろうと高を括っていたのです。

ところが、実際に荷造りの作業をしてみるとすごく大変だということに気づかされたのです。
なんと引越しの前日は徹夜で作業をしてなんとか終わらせました。

引っ越し日が迫る中、なかなか作業が進まなくて泣きたい気持ちでいっぱいだったのです。
そんな私の経験を踏まえ、引越しの荷造りは余裕を持って行うことをおすすめします。

たとえ一人暮らしで部屋が狭く荷物が少なくても、荷造りは1ヶ月前から始めると安心です。

日常生活で使わない荷物から片付ける

荷造りを行う時に私が失敗したのは、優先順位を考えずにダラダラと目についた荷物を片付けていたことです。

そのため、後々になって使いたい物があり、すでに荷造りをしたダンボールから取り出さなくてはならない事態になりました。
これでは効率的ではありませんよね。

荷物をダンボールにしまう際には、日常生活で使わない物から先に片付けるのがコツです。
そして、日常生活で使用する物は最後に荷造りをしやすいように一か所にまとめておくとスムーズですよね。

ダンボールの置き場所を決めておく

引越し作業を行っていると部屋にダンボールが散乱して邪魔になってしまいます。

私は通り道にダンボールを積んでしまい、生活がしずらくなってしまったという失敗があります。
荷造りを行う際には、ダンボールの置き場所を予め決めておくことがおすすめです。

その場所は、できるだけ入口や通り道をふさがずに普段使用しないスペースを使うようにしましょう。
部屋が散らかっていると荷造りが効率的にできなくなってしまいます。
すっきりと整頓された部屋でスムーズに作業を行うようにするのがおすすめです。

荷物の入れ方に注意をする

ダンボールに荷物を入れる際に、私は何も考えず作業をしてしまいました。

そのため、箱が重くて持ち上がらずに再度入れ直したのです。
この作業で時間や手間が余計にかかってしまいました。

ダンボールに荷物を入れる時には、重い荷物は小さなダンボールに、軽い荷物は大きなダンボールに入れることがおすすめです。
特に女性は重い荷物を持つのが大変になってしまいます。

荷物が持ちやすいように箱の大きさや荷物の重さに気をつけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

引越し作業は思ったよりも大変です。
荷造りの他にも、部屋を清掃や電気会社、水道会社などとのやりとりも加わってきます。

引っ越し作業は考えているよりも手間や時間が必要だと覚悟しておくようにしましょう。
私は引っ越し作業を舐めていて失敗してしまいました。

しかし、引越し作業はコツを押さえればとてもスムーズに行うことができます。
ぜひ、今回紹介をした方法を頭に入れて、引越しを成功させましょう。